アベニーパファーの単独飼育のメリット・デメリット

こんにちは、わさびです。今日は、私が約2年間、アベニーパファーを小型水槽で単独飼育してみて、良かった点、悪かった点をまとめてみたいと思います。アベニーパファーの飼育に興味がある人は、是非読んで参考にしてみて下さいね。(・∀・)ノ 

f:id:pitann:20190322225003j:plain

写真はミドリフグです

メリット

喧嘩や捕食の心配がない
アベニーパファーは、見た目は小さくておっとりと可愛いですが、やはりフグなので好戦的です。グッピーやメダカ等のヒレを齧ったり、海老や貝を捕食したり、同じアベニーパファーでさえ、気に入らなければ攻撃したりします。
せっかく癒されたいと思って立ち上げた水槽なのに、中で死傷者が出たりしたら全く癒されなくなってしまいます。
でも、水槽にアベニーパファー1匹しかいなければそんな心配事とは無縁です。
毎日、アベニーパファーがのどかに水槽内を散策し、ゆっくり時間をかけて餌を食べるのを眺めていれば良いのです。

愛情を注げる
水槽に1匹しかいないので、気にするのはその子のみです。毎日お世話をしているとその子の餌の量や性格が把握できるので、病気になっても早めに対処出来ます。

小さな水槽で飼える
小さな水槽は、水質が安定しにくいので初心者にはあまり向かない。という話はよく聞きますが、私は今の時代にはそれほど当てはまらないと思っています。昔と違って技術が進歩し、フィルターが良くなったり、様々な小型水槽用の商品も開発されているからです。
加えて、アベニーパファーは元々体の丈夫な魚なので、とても飼いやすいです。
実際、私も初心者ですが、小さな水槽だけで普通にアベニーパファーを飼っています。
小さな水槽でお魚を飼えると「置き場所に困らない」「水換えが楽」など良い事が沢山ついてきます。
特にアベニーパファーは、海老や貝との混泳が出来ないので水槽のコケ取り掃除が大変です。水槽が小さければ、その分掃除も楽になります。

デメリット

雌雄の判別が難しい
比較する対象がいないので、初心者に雌雄の判別はやっぱり難しいです。実は、私は未だに男の子か女の子かを判断できずに過ごしています。( ̄∀ ̄;)
なので、名前もどちらでも良いように「福(ふく)」にして誤魔化しました。(笑)

餌が余る
冷凍赤虫であれ人工クリルであれ賞味期限内にあげ切れずに餌が余ります。
後は、時々私が勝手に「寂しいかな??(´・ω・`)」と凹む事くらいですかね。


以上、アベニーパファーの単独飼育のメリットとデメリットでした。
私が飼っているアベニーパファーは性格が怖がりでのんびりとしているので、もしかすると混泳も出来るのかなとも思いますが、福が虐められたり気を遣ったりする可能性もあるので、このまま1匹、福だけを最後まで大切に飼いたいと思っています。

では、最後までお読み頂き、ありがとうございました。(・∀・)ノ"