アベニーパファーが拒食(?)から回復したお話

f:id:pitann:20190407190549j:plain

今日は、以前、私の飼っているアベニーパファーが病気?から回復したお話をしたいと思います。飼っているアベニーパファーが似たような症状で餌を食べられず、困っている人がいれば参考にして貰えたらなぁと思います。

 

 まずは症状から。

1年ほど前の話なんですが、福(名前です)が突然、餌を食べられなくなってしまいました。原因は「水質の変化かなぁ」と思ったりもしましたが、はっきりとは分かりません。ただ不思議なんですが、餌を痛がるんです。もう少し詳しく説明すると、餌を食べようと口にした瞬間、痛がる様に後ろに跳ねてしまってその日はもう餌を食べようとはしない。そんな感じです。

アベニーパファーは、一度拒食になると死ぬまで何も食べずにそのまま本当に餓死したりするそうです。びっくりしますよね。

ただ福の場合は食べないというよりは痛くて(?)食べれないという感じでした。

 

そこで何とかしないと、とネットで色々調べてみました。

幾つかのブログに似た様な症状が書かれていましたが、同じ対処方法でも違う結果になっていたり…他の飼い主さんも大変困っている様でした。

私も確実な対処方法が分からないので悩みましたが、「グリーンFクリアー」という薬を使った人を参考にする事にしました。(そのブログ記事を見つける事ができませんでした。すみません(_ _))


 

この「グリーンFクリアー」は本来白点病の薬です。ここでむやみにおススメする事は出来ませんが、治ったという情報を信じてみようと思いました。

 

福を買ったお店の店員さんなら何か良い情報を持っているかも知れないと思ったので、相談がてらお店に行って薬を購入する事にしました。

色々と話を聞いて貰いましたが、やはり原因も対処方法もよく分かりません。取り敢えず薬を買って帰る事に。

 

家に帰ってさっそく説明書通りに使用します。…と、ここで1つ疑問が…。

「水換えしたらさぁ、薬がどんどん薄まっていくよね??」

普段、私は3日に1回のペースで水換えをしています。うーん…、少し考えて決断。

「薄まったら塩入れればええか。(`・ω・´)ウン

 

1日目〜3日目

当然変化なし。餌を細かく細かくしてあげましたが、少し大きいだけでもやはり痛がります。ならばと冷凍赤虫も同時にあげてみましたがこれも見つめるのみ。でも餌の周りを何度も行き来していたので、やはりお腹は空いているのだと思います。

4日目〜7日目

毎日の食べ残し回収と2回の水換えで初めに入れた「グリーンFクリアー」が薄まってしまったので塩を8g投入。何故8gか。本来必要な20gを計ってみたら…多過ぎてびびってしまったからです!(`・∀・´) 大丈夫か?私。

相変わらず粉々のクリルと普通の大きさの冷凍赤虫を同時にあげて様子見。

※塩の量など塩浴の詳しい方法については過去記事をご参照下さい。

 

www.wasabidayori.com

 7日目〜10日目

もはやグリーンFクリアーはほぼ消え去り、塩気の少ない弱気な塩浴のみで闘病。でも一応塩浴なので2日に1回は水換えをする事にしました。福は痛みに堪えながらも毎日餌を食べようと努力してくれていました。粉々の人口クリルなら少しは食べられる様にもなっていました。あと少しです。

 

11日目

そして、遂にその日は来ました! いつもの様に餌をあげると小さなハンターはゆっくりと餌に近づき始めます。そして静かに狙いを定め(もう死んでるけど^^;)、素早く捕食! 全く痛がる事なくその日の食事を全て終えました。

 

翌日も、その翌日も、福はもう痛がったりはしませんでした。何事もなかったかの様に以前の食事風景は再開されました。よほど空腹が辛かったのか、餌の量は以前よりも確実に増えましたが。(笑)

そりゃまぁ人間でも病気で何も食べられない状態で目の前にご馳走並べられたら事件発生しますよね。よく我慢してくれたと思います。そしてこれだけは言いたい。

回復おめでとー!!٩(*´꒳ `*)۶

 

現在、福は顔面に謎のイボを作りつつも元気に泳いでいます。

ちなみにイボは白くなって少しだけ小さくなりました。

結局、この方法では「グリーンFクリアー」が良かったのか塩浴が良かったのかよく分かりませんが、餌を痛がって食べられないという症状は治りました。

もちろんこうすれば治るという方法を紹介した記事では全くありません。

ただ、うちのアベニーパファーは治ったので何かの参考になればなぁと思っています。

 

では最後まで読んで頂きありがとうございました。(・∀・)ノ"