アベニーパファーの餌について

こんにちは、わさびです。

今日は、私が飼っているアベニーパファーの餌についてお話をしたいと思います。
アベニーパファーの飼育に興味のある人や人工クリルに切り替えたいと思っている人の参考になれば嬉しく思います。

あげている人工餌

アベニーパファーは、とてもグルメなお魚なので気に入った餌しか食べようとしません。
が、これはかなり個体差があるようで、普通に熱帯魚用の餌をがっつり食べている子もいるみたいです。 ←何か可愛い。(笑)
多分、そういうアベニーパファーさんは結構珍しいのではないかと思いますが。(笑)

福(名前です)は、アベレージ・アベニーパファーなので、いつも冷凍赤虫か人口クリルを食べています。
私は、アベニーパファーが赤虫を食べている姿を見たい変態なので時々冷凍赤虫もあげていますが、福自身はどちらかと言うと人工クリル派です。(*´꒳`*)

そんな福のお気に入りがコレ

「JUN クリルグラニュール パッファ」です。
これはフグ用のクリルで、結構多くのアベニーパファーさん達に支持をされているみたいです。

アベニーパファーのA様
「美味しかったです。最近少しボディラインが気になりだして…。たくさん食べられる餌を探していました。やっぱりフグなんで丸みのあるセクシーな体に憧れます。(笑)」

アベニーパファーのB様
「いいですね!今までたくさんの人工餌を飼い主さんに試して貰いましたが、どれも口に合わなくて…。こういうクリルを求めていたんですよ。」

※この2つの感想は全てわさびの妄想です。


ただまぁ、この餌もやっぱり食べない子は食べないようです。
食に強いこだわりがあるんでしょうね。(笑)

食べてくれるようなら栄養バランス的にも赤虫より人工餌の方がおススメです。

粒の大きさについて

この餌の問題点(?)を1つあげるとすれば、粒が結構デカイです。

f:id:pitann:20190514130132p:plain
写真がちょっと分かりづらいかも知れませんが(すみません)、一粒のサイズが2〜5mmほどあります。

なので、まだ体の小さなアベニーパファーさんはそのままでは食べる事ができません。
砕いたりすり潰したりして、サイズを小さくしてからあげた方が良いかと思います。

f:id:pitann:20190514130222p:plain

福も小さい頃はすり潰しクリルを食べていました。(*´꒳`*)
今はすっかり大きくなって(体長3cmですが)、そのままの大きさで食べています。

餌の量

福の餌は1日1回です。
餌の量は、様子を見ながら日によって変えているので、1日何粒かは曖昧なんですが、8〜12粒ほどはあげていると思います。

これは自分でも多いなと思いますが、以前、福が餌を食べられなくなってしまった事があってからは、怖くてたくさんあげてしまいます。

 

www.wasabidayori.com

 

正しい量は、昔アクアショップの店員さんに「2〜3日に1回、冷凍赤虫を4匹くらいあげれば大丈夫ですよ」と教えて貰った事があるので、そんな感じで良いと思います。

頑張ります!(・∀・;)

ただ、この量も「生きていけますよ」的なニュアンスが含まれていたので、やっぱり様子を見て個体に合わせてあげるのが良いと思います。

食べる楽しみもありますしね。(・∀・)


そして、今の福の食事時間は約5分〜1時間です。
何故、こんなにも時間幅があるのかというと…、福がのんびりとしているせいです。(笑)

福は1匹暮らしなので、餌をあげても、すぐに食べる時としばらく置いてから食べる時があります。

でも、福がこんなにのんびりと食べるようになった原因は、「1匹暮らし」の他にも、食べられなかった時期がかなり影響していると私は思います。

毎日2時間くらい餌を水槽に入れっぱなしにしていたので、どうやら福はその感覚を覚えてしまったぽいです。(・∀・;)

生き物ってめっちゃ都合よく変に賢いですよね…。(笑)
まぁ食事時間については、特に困ってはいないのでこのままで良いかなぁと思っています。


餌は健康や寿命に直接影響してしまうので、やっぱり色々と気になりますよね。
私も何かと反省もありますが、自分の出来る範囲でこれからも福の健康管理をしていきたいと思っています。(*'▽'*)

 

以上、アベニーパファーの餌についてでした。