アベニーパファーの飼育環境のご紹介

こんにちは、わさびです。

今日は、私の家にいるアベニーパファーの福ちゃんの飼育環境について取り上げてみようと思います。

福がうちに来て約2年が経っていますが、飼育環境は、飼いはじめの頃から特に変わっていません。

アベニーパファーの飼育に興味のある人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

f:id:pitann:20190612175623j:plain

水槽

水槽は、「水作 コレクターズ ハイタイプ」を使っています。
が、水槽に関しては、自分でも少し失敗したなと思っています。

アベニーパファーを1匹で飼育するなら、下の記事で紹介させて貰った2つの水槽のどちらかの方がおススメできます。

www.wasabidayori.com

 水槽の大きさとしては、この「水作 コレクターズ ハイタイプ」も特に問題ないと思います。

結構、隠れてじっとしている時間も多いので、水量が5リットルほどの小さな水槽でもアベニーパファー1匹なら充分だと思います。

ただ、水槽が小さいので、水換えの頻度は多めになってしまいます。

私は、だいたい3日に1回のペースで水換えをしています。
新しく水槽にたす水は、水道水を汲んで2日ほど経った水です。

ちなみに、バクテリアは水換えの度に毎回入れています。

フィルター

水槽が小さいので、底面フィルターを使っています。

同じ水作の「ボトムフィルター ミニ」というフィルターがコレクターズにはぴったりの大きさでした。

さすが同じメーカーですね。(笑)

水流は、エアホースに一方コックを付けてできるだけ弱くして、更にパイプの先を少しガラス面に向け、ほとんどない状態にしています。

ヒーター又は冷却ファン

アベニーパファーが快適に過ごせる水温は、22〜28℃だそうです。

なので、冬にはヒーターが必要になります。

そして、夏には水温が高くなり過ぎないように、一応、冷却ファンを使っています。

冷却ファンは、サーモスタット付きが便利で良いと思います。

 

隠れ家

1匹でもヒーターや流木の下など自分で隙間を見つけて頑張って隠れています。

可愛いので応援の意味も込めて、小さなタコ壺や土管を入れておいてあげると…

まんまと中に入ってくれます。(*´꒳`*)

 

ライト

水草を育てる訳ではないので、あっても無くてもどちらでも良いと思います。

ただ、あった方がアベニーパファーを観察しやすいと思います。

私は、いつもお昼頃にライトをつけて18時頃に消しています。

ちなみに、効果は全く分かりませんが、暗い方が良く眠れるかなと20時には布で水槽全体を覆って真っ暗にしています。

 

以上、私が飼っているアベニーパファーの飼育環境についてでした。
(・∀・)ノ"