【ネガティブ】ボトルアクアリウムの心配事

f:id:pitann:20190824173459p:plainこんにちは、わさびです。

私は、小さな水槽にアベニーパファーを一匹だけ飼っているアクアリウムの初心者です。

そんな私には最近気になっているものがあります。

それは

お洒落で簡単、ボトルアクアリウムです。(*'▽'*)

今までに何度か挑戦してみようと思いました。

が、心配な事がいくつかあっていつも断念してしまっています。

という事で、今日はボトルアクアリウムに関しての心配事をまとめてみたいと思います。

ボトルアクアリウムとは

ボトルアクアリウムとは、瓶やボトルなどに水草を植えたり、そこに小さなお魚を飼育したりして、中に自然の循環をつくり、より手軽な方法でアクアリウムを楽しむ小さな水槽の事です。

本当、可愛いですよね。(*´꒳ `*)

ただ、このボトルアクアリウムは、水質維持に必要なフィルターや水草が元気に育つためのCO2を使用しないので、普通の水槽を使用するよりも飼育や管理がやはり少し難しいようです。

なので、手軽なアクアリウムとは言っても、実際にはやっぱり結構な知識が要求されると思います。

ここがアクアリウム初心者の私にはなかなか手が出せない理由のひとつですね。

 

準備する物とはじめ方

とはいえ、ボトルアクアリウムは、瓶、水草、ソイル、流木か石を用意すればすぐに始められます。

瓶に5cmほどソイルを敷いて、石や流木を配置し、ソイルを水で濡らして水草を植えやすくします。

好みの水景になるように水草を植えて、レイアウトが完成したら水入れをして完成です。

水を入れる際は、手で水を受けながらゆっくり入れていくと、レイアウトが崩れず水も濁らないので良いそうです。

まぁ水槽立ち上げの時と同じですね。

 

最も難しい維持、管理

そんな感じで手軽に始められるボトルアクアリウムですが、多分、大変なのは立ち上げた後の維持や管理かなと思います。

以下に私の憂慮を記述していきたいと思います。

 

心配事その1

水質管理が難しいボトルで飼育しているので、ボトルの中の生体が調子を崩してしまったら、知識のない私としてはやはりボトルアクアリウムが原因だと考えると思います。

結果、結局普通の水槽に変更するような気がします。

水槽なら小型でもフィルターやヒーターを付けられるので、生体も少しは快適に暮らす事ができるかなと思うからです。

それなら初めから水槽を用意して水草水槽を立ち上げた方が良いかなと思ってしまいます。(´・ω・`)

 

心配事その2

水草がボトルの中ですくすくと元気に育ってくれると絶対に嬉しくなると思います。

自分のボトルアクアのやり方に自信を持つ事もできます。

が、伸びた水草のメンテナンスが結構難しそうな気がします。

小さなボトルに手を入れてハサミで綺麗にカットするのは、想像するだけで大変そうです。

更に、水中の水草には苔が発生してしまいます。

底砂をソイルにするとやはりかなりの苔が発生すると思います。

ですが、自分で苔を綺麗にするのは大変ですし、苔をキレイにして貰おうと貝やエビを入れたら「心配事その1」の問題にぶち当たってしまう可能性があります。

 

心配事その3

これは水草水槽全般に言える事ですが、植物の生命力はなかなか凄いと思います。

多分、ボトルの中にいる生体が寿命を全うして死んでしまった後も水草はずっと生き続けるのではないかと思います。

なので、一旦水草を始めてしまうとお世話に終わりがない事も考えられます。

ただ、水草は水上葉にすると管理がしやすいので、これに関しては特に問題はないかなとも思いますが。

 

まとめ

以上の3つが私の大方の心配事ですが、やはりボトルアクアリウムに憧れるのは見た目が可愛いからだと思います。

瓶の中で小さなお魚が泳いでいる姿もとても魅力的ですよね。

ただ今のところ、私の実力ではやはり素直に水槽を立ち上げるのが良いかなと思いました。

ちなみに、こんなに悩んでいますが、水槽立ち上げの予定はありません。(笑)


以上、ボトルアクアリウムの心配事についてまとめてみました。

最後までお読みいただき有難うございました。(・∀・)ノ"