ボタンインコに習う健康法

こんにちは、わさびです。

大変にありがたい事ですが、私の飼っているボタンインコは、小さな頃から一度も病気をした事がありません。

これはもちろん、もともとがもの凄い健康体だからなんですが、初心者飼い主の私としては本当に助かりまくっています。(*'▽'*)

ただ、だからと言って、ぴぴ左衛門(名前です)が何の努力もせずにこの健康体を保っているかと言えば、決してそんな事はありません。

ぴぴは、毎日、一生懸命に元気でいる努力をしてくれています。(*´꒳`*)

その中には、私が感化されて真似しているものもいくつかあります。(笑)

という訳で、今日はぴぴの健康法についてざっくり取り上げてみたいと思います。

早寝早起き

ぴぴは鳥さんなので、早寝早起きです。
元気の基本ですね。
ま、早寝早起きすぎますが。(笑)

毎日、日の出と共に起きてきて日の入りと共に眠っています。

カメハメハ大王の歌かな?(・∀・) 懐かしい。

これはもう時間ではなく、太陽の光による本能のようです。

なので、夏は結構遅く(19時頃)まで起きていますし、冬になると17時でも辺りが暗くなるので眠ってしまいます。

毎日、無意識に、一生懸命に寝たり起きたりを繰り返すその姿は、当たり前なんですけど、やっぱり可愛いですね。 

www.wasabidayori.com

よく食べる

ぴぴは、雛の頃からめっちゃ良く食べます。

これは、鳥さんがいつでも飛べるようにしておくために必要な行為でもあるんですが、本当に常に餌を食べています。

放鳥時間の途中でもケージに戻って餌を食べます。(*´꒳`*)

しっかり食べる事も健康な身体作りの基本ですよね。

日光浴

インコの体は、日に当たる事でビタミンD3が生成されるそうです。

ビタミンD3にはカルシウムの吸収を助けて、強い骨を作るという働きがあるそうです。

なので、インコに日光浴は必要不可欠です。

ちなみに、室内で飼っているインコさんを日光浴させる時は、窓を開けて網戸越しにしてあげる必要があります。

窓越しだと紫外線がカットされるので、残念ながら、日光浴の意味が無いそうです。

ま、ケージごと外に出してあげても良いんですけど、カラスや猫に襲われないようにずっと見張っているのも大変ですよね。(・∀・;)

なので、私はいつも網戸越しに日光浴をさせてあげています。

そして人間も、ビタミンDの生成のために日光は大切です。

インコ同様、毎日20〜30分、日に当たると良いらしいです。

という事で、時間があって気候の良い時には、私もぴぴと一緒に日向ぼっこをしています。

運動+ストレッチ

ぴぴを見ていると…

多動症かな?(・∀・;)

と思うほど動きまわっている事が多いです。

もちろん、枝やブランコに止まってのんびりとしている時もありますが、暇な時はケージの中で暴れまくっています。(苦笑)

しんどくないのかな?
と思ってしまいますが、平気みたいですね。

時々、逆さまになって、コウモリみたいな止まり方でこっちを見ていたりもします。

( . A . ) 全身運動 イェイ

そして、多くの生き物に必要な毛繕い。
ぴぴも頑張って毎日しています。(*´꒳`*)

もちろんお手入れのためにしている行動なんですが、体を捻ったり伸ばしたり、まるでストレッチをしているようです。

という訳で、ぴぴに習って私もストレッチと腹筋背筋を少しだけ始めました。(笑)

ゆる過ぎるので偉そうな事は言えませんが、約4年半続けています。

おかげさまで何もしていなかった頃に比べると身体が少し軽い気がします。←単純
あと、絶望的だった脚の形が少しだけマシになった気がします。←願望

まとめ

私は、基本ダラダラ人間なんですが、頑張って生きているぴぴを見ていると、せめてストレッチくらいはしようという気になります。

そういう気持ちに自然とさせてくれる生き物の存在は、本当に素晴らしいですよね。

この先も出来るだけ長く長くぴぴと一緒にいられるように、ぴぴの健康管理の手助けをしつつ、私も日々の腹筋背筋+ストレッチを頑張りたいと思います。(笑)