インコとスズメの歩き方の違い

f:id:pitann:20190706195942j:plain

mac1917さんによる写真ACからの写真

こんにちは、わさびです。

先日、カフェのテラス席でお茶をしていると…

スズメが走って来たーーっ! (≧∀≦)

ま、当然のように素通りされたんですが、

何でしょうね? あの殺人級の可愛さは。

そして、不意に思いました。

ウチで飼っているボタンインコと走り方がなんか違うな…。

そこで早速調べてみました。

スズメの歩き方

スズメは地面に降りた時、小さくジャンプをするように移動します(「ホッピング」と言うらしい)。

これは、主に樹木の上で生活している体重の軽い鳥に多く見られる歩き方だそうです。

ホッピングで移動する鳥は、スズメの他にヒヨドリ、シジュウカラなどがいます。

ボタンインコの歩き方

ホッピングに対して、鳩や鶏のように普通に歩いて移動する鳥もいます(「ウォーキング」と言うらしい)。

ウチにいるボタンインコはこの歩き方でした。

これは、地面で餌を探す鳥によく見られる歩き方だそうです。

野生のボタンインコは、地面でガサガサと餌を探しているという事なんでしょうかね? (・∀・;)

カラスの歩き方

ついでに、天才児カラスの歩き方は、ホッピングとウォーキングの両方だそうです。

さすがですね。(笑)

この歩き方をする鳥はやはり珍しいみたいです。

カラスの他にはツグミなどがこの歩き方をするそうです。

まとめ

同じ鳥なのに歩き方が違うとか面白いですよね。

ボタンインコの体長は、スズメとほぼ変わらない13〜15cmです。

が、体重は、スズメが18〜27gほどなのに対して、ボタンインコは35〜50gほどあります。

この体重の差が歩き方にも影響しているのかも知れませんね。


以上、インコとスズメとカラスの歩き方のお話でした。(・∀・)ノ"