親指を噛まれた話

こんにちは、わさびです。


まずは、めちゃくちゃどうでもいいお知らせから始まってしまいますが、


Googleで検索した時に、記事のタイトルと一緒に表示されるブログのタイトルがずっと気になっていたので、もう少しマシなものに変更しました。


「人生いろいろなブログ」→→「侘寂日和」です。


ブログタイトルって地味に難しいですよね。(´・ω・`)


ま、とりあえず変更しましたが、これからもよろしくお願いします。(_ _)

f:id:pitann:20190923180053j:plain
という事で、ようやく本題に入ります。


昨日、爪切りをしたんですが、←本題なの??


タイトルの通り、うちで飼っているボタンインコ(ぴぴ左衛門)にびっくりするほど俊敏に足の親指を噛まれました。(T ^ T)


ぴぴは、変に好奇心のあるボタンインコなので、私が何かをしていると必ず、お手伝いという名の邪魔をしに来ます。


なので、ぴぴの放鳥時間に私が何かをする事は基本的にはありません。


しかし


昨日は、足の爪が伸びている事が異様に気になって仕方ありませんでした。


何気なく触って、そこからずーっと触りまくって、止められなくなってしまいました。


これはもう切るしかない。(`・ω・´)


という訳で、ぴぴの放鳥中に爪切りを決意。


あと30分だけ我慢すれば、噛まれる事はなかったのにというお話です。


まずは爪切りを準備します。


面倒なぴぴに見つからないように、静かにそーっと引き出しから爪切りを取り出しました。


爪切りに気付かずにまだペットボトルの蓋に夢中のぴぴ。


これならいけるかも知れない。


のそのそとティッシュを足の下に置いて、いよいよ緊張の爪切りのスタートです。


爪切りの刃を爪に挟んで、できるだけ音が出ないようにゆっくりと閉じていきます。


パチンッ!!


 ( ;∀;) 嘘ぉぉ


そしてぴぴ登場。


いつも早いね。( ;∀;)


ぴぴは、ティッシュを飛ばしながら素早く私の足の前に降り立つと、足と爪切りをじっと見つめました。


ぴぴ
「何しとん??」


いつもホント早いね。( ;∀;)



「爪切りするからお利口しててね」


ぴぴ
「わかった。(・∀・)」


パチンッ!!


ピッ!!


パチンッ!!


ピッ!!



「ぴぴタイミングばっちりやん。(笑)」


その後も順調に爪を切り進めていくぴぴと私。


パチンッ!!


ピッ!!


パチンッ!!


ピッ!!


あれ? なんか超可愛いんですけどっ。(*'▽'*)



「ぴぴお利口さんやね♪」


ぴぴ
「せやろ? (・∀・)」


ガブッ!!




ぴぴよ…


ケージに戻れ、今すぐに!!!