トリケラトプス

f:id:pitann:20190421130918j:plain

分類
鳥盤目→周飾頭亜目→角竜下目→ケトラトプス科→カスモサウルス亜科→トリケラトプス属

【名前の意味】
「3本の角を持つもの」

【生息期間】
白亜紀後期

【生息場所】
現在の北米とカナダ

【全長】
約5〜9メートル

【体重】
5〜9トン

 

【特徴】
威風堂々な恐竜ですよね。(*´꒳`*)

名前の通り、目の上に大きな角が2本、鼻に小さな角が1本ある植物食恐竜です。

後頭部がフリルのようになっていて、その特徴的な頭部は約2.5メートルもありました。
そして、目の上の角の長さは約1.8メートルもあったそうです。
後頭部を飾るフリルは、雌より雄の方が大きかったとされていて、雌へのアピールや敵に対する威嚇などに使われていたのではないかと考えられています。
また、このフリルは急所である喉を肉食恐竜から守る役割も果たしていたと思われます。

トリケラトプスの顎は発達していて、歯の形状からも堅い植物を食べていた事が分かっています。

また、トリケラトプスは群れを作って生活していて、集団で子育てをしていたと言われています。

 

トリケラトプスに関しては、2010年にトロサウルスとの関係性が話題になりました。
トロサウルスは、昔からトリケラトプスとよく似ていると言われている恐竜です。
それが2010年、「両者は似ているのではなく、実は同種の恐竜でトリケラトプスが大人になればトロサウルスの姿になるのだ」いう説が発表されたのですから注目が集まるのも当然です。
ただ、この説には異論もあり、まだ結論は出されていません。
もしもこの説が正しいと証明されれば、トロサウルスは分類学上、姿を消す事になります。


【イラストの難易度】 ★★★☆☆
トリケラトプスは、特徴がはっきりしていて象やサイに似ているからか、見た感じよりはずっと描きやすい恐竜でした。
やっぱり頭部の3本の角は格好良いですよね!
色を冒険しようかと悩みましたが、何故だか「普通でっ!」と全力で止める自分がいたのでやめました。(笑)
どの恐竜にも言える事ですが、色や柄が分からないというのは自由で良いと思う反面、逆に自由すぎて難しいですよね。