パラサウロロフス

f:id:pitann:20190424141804j:plain

【分類】
鳥盤目→鳥脚亜目→ハドロサウルス上科→ハドロサウルス科→ランベオサウルス亜科→パラサウロロフス属

【名前の意味】
「サウロロフスに近いもの」

【生息期間】
白亜紀後期

【生息場所】
現在の北米とカナダ

【全長】
約8〜13メートル

【体重】
3〜6トン


【特徴】
とっても可愛い恐竜ですよね。(*'▽'*)

大きなトサカが頭の後方に弧を描くように伸びている姿をした恐竜です。
このトサカは鼻道が発達したもので、長さが約1.8メートルもありました。
中には空気が通っていて、このトサカを楽器のように使って、声を拡散していたのではないかと考えられています。
異性にアピールする為の飾りでもあったとされています。

パラサウロロフスは、他の植物食恐竜に比べて棘やハンマーなどの武器がなく、肉食恐竜に襲われそうになった際にはただただ全力で逃げていたようです。

歩行は二足と四足とを自由に使い分けていて、速く走りたい時には二足歩行、ゆっくり歩きたい時には四足歩行だったと言われています。

口の奥にたくさんの歯があって、堅い植物も食べていたと考えられています。

ちなみに名前の意味にある「サウロロフスに近いもの」のサウロロフスとは、隆起のあるトカゲという意味です。


【イラストの難易度】 ★★☆☆☆
恐竜を描き慣れてきただけかも知れませんが、意外と描き易かったです。
パラサウロロフスは初めて存在を知った時からずっと好きな恐竜でした。(*'▽'*)
とても綺麗で可愛らしい恐竜ですよね!
なので、鳥脚類としてはイグアノドンの方が有名かなとも思いましたが、迷わずパラサウロロフスを選んで描かせて貰いました。(笑)