【500mlペットボトルの収納を考える】コンテナボックス編

f:id:pitann:20190806140236j:plain

こんにちは、わさびです。

1週間ほど前から私は、

ミネラルウォーターのペットボトルの収納をお洒落で便利にしたい。(*´꒳ `*)

という幸せな悩みをずっと抱えていました。

納得できる収納方法を見つける為に、ただひたすらに妄想を繰り返す日々…

とっても楽しかったです!!(・∀・)

という事で、今回から暫くはペットボトルの収納方法について取り上げていきたいと思います。

備考
この記事では、500mlのペットボトル100本分の収納を考えます。
また、ペットボトルの収納本数は、ペットボトルのサイズを直径6cm×高さ22cmとして計算しています。

THOR

【外寸】
W710×D435×H280mm
【内寸】
W530〜558×D350〜387×H303mm
【耐荷重】
記載なし
【価格】
¥4,860

このボックスで500mlのペットボトルを100本収納する為に必要な箱数は3箱です。

コンテナは、箱を積み上げる事ができるのでスペース的には問題なさそうです。

が、水は重たいので、耐荷重が分からないのが少し気になります。

さらに折りたたむ事ができないので、空になった方のボックスの置き場所に困ってしまいそうです。

重ねたり、上下を入れ替えたり、ペットボトルを詰め替えたりすれば良いのかも知れませんが…

ボックスが空になるたびに重ねたり入れ替えたりするのはやっぱり少し大変そうですよね。(苦笑)

とても格好良いコンテナですが、ペットボトルの水をストックするという使い方にはあまり向いていないのかも知れません…。

グリッドコンテナー

【外寸】
W600×D300×H302mm
【内寸】
W560×D260×H287mm
【耐荷重】
10kgまで収納可(蓋は100kgまで可)
【価格】
¥4,320

このボックスで500mlのペットボトルを100本収納する為に必要な箱数は3箱です。

このコンテナボックスなら折りたたみが可能なので、空になった箱を次に使うまで小さくして置いておく事ができます。

これはなかなか便利そうですよね。(・∀・)

ただ、蓋の耐荷重が100kgで、収納可能な重さが10kgまでという記載の意味がよく分かりませんでした。

もし、ひと箱に20本しか収納できないという意味なら5箱は必要になってしまいます。(´・ω・`) 蓋の耐荷重とプラスだとは思うんですけどね…。

5箱購入となると、合計金額が2万円を超えてしまうので、他にもたくさんの収納方法を選べそうですよね。

(ちなみに今回の私の予算は1万円なので、3箱必要な時点で考える事をやめました。笑)

JR貨物【19D形】折りたたみコンテナ 電車グッズ

【外寸】
W530×D366×H334mm
【内寸】
W493×D335×H303mm
【耐荷重】
記載なし
【価格】
¥6,095

このボックスで500mlのペットボトルを100本収納する為に必要な箱数は3箱です。

可愛いすぎて取り上げてしまいました!(笑)

個人的には大好きです!(笑)

このボックスも折りたたみが可能です。

やはり耐荷重の記載がないのが気になりますが。

ちなみにこんなものもありました。(・∀・)

まとめ

コンテナボックスでペットボトルの水を収納するなら折りたたみ可能なボックスが便利で良いかなと思いました。

何箱まで積み重ねる事ができるのか?
一箱ごとの耐荷重は何kgなのか?

などをちゃんと確認して購入すれば省スペースでの収納が可能かなと思います。

価格については、全体的に高い印象でした。

まぁコンテナボックスは、積み重ねる事ができますし、価格の分だけしっかりとした作りになっているのだと思います。

 

以上、500mlペットボトルの収納目的としてのコンテナボックスについて取り上げてみました。

次回もペットボトルの収納方法について考えたいと思います。(*'▽'*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。(_ _)