【残念】子宮内膜症を放置しすぎて右の腎臓までダメにしてしまったお話

f:id:pitann:20190720135751j:plain

こんにちは、わさびです。

突然ですが、私は現在、子宮内膜症のため毎日薬を飲んで定期的に通院しています。

さらに数年前には、同じく子宮内膜症で人生初の開腹手術も経験しました。(T ^ T)

という訳で、今日は、そんな間抜けな私が病気はしっかりケアしなければいけないよというお説教を偉そうにしてみたいと思います。(_ _)

自覚症状(私の場合)

初期の自覚症状

初期は、ただただ生理痛のみでした。
そして、この生理痛も薬を飲めば何とか治まります。

生理不順も特にありませんでした。

がっつり手術をしてしまった私としては、この段階で、年に1度ほど定期的に健診する事を強くおススメします。(_ _)

 

中期の自覚症状

生理痛がかなり酷くなります。
薬を飲んでもほぼほぼ効きません。

会社の定期検診で「要精密検査」という判定になります。

なので、一応病院には行きますが、「経過観察」というお医者さんの診断を受けて放置してしまう人も多いと思います。

ちなみに、私も「経過観察」という診断にやたらと安心してしまいました。(笑)

そしてその後、会社を辞めたり色々としているうちに「経過観察」という事もすっかり忘れてしまいました…。( ̄∀ ̄;)

しかし!
当然ですが、ここで絶対に放置してはいけません。

 

末期の自覚症状

生理痛が酷すぎたり、生理が1ヶ月以上続いたりして、自ら病院に行って診てもらうハメになります。

(もう手遅れなのかも知れませんが)ここでちゃんとしたお医者さんに診てもらわなければ、更に悲惨な結末が待っています。

不運な事に、私はこの段階でもお医者さんに「経過観察」と診断されてしまいました。

それでも、明らかに異常な症状なので、普通ならやっぱりおかしいとちゃんと自分で判断する事ができると思います。

が、残念ながら、この頃の私は精神が瀕死状態だったので、なんと!やっぱり安心してしまいました。( ̄∀ ̄;)

という事で、病院も休診している41歳のお正月、もの凄い腹痛に襲われて汗まみれになりながら漸く決意します。

やっぱりもう1回病院に行こう…。(´・ω・`)

 

診断

まぁ放置しすぎですよね。(苦笑)

約25年間ずーっと無視し続けた結果、普通は2〜3センチくらいの右の卵巣が8センチに腫大していました。( ̄д ̄;) 育てすぎ

そして、残念な事に、子宮内膜症の腫瘍が右の腎臓と膀胱を繋いでいる尿管にも出来てしまっていました。

この為、腎臓で作られた尿がそのまま腎臓に留まり、右の腎臓は肥大化している状態でした。

腎臓については、詳しく記述すると長くなりすぎるので割愛させて頂きますが、結論だけを記載すると、残念ながら、右の腎臓は機能を失ってしまいました。(T ^ T) カテーテルとかめっちゃ痛かったんですけどね。

それでも子宮と左の卵巣、腎臓は無事だったので何となく救われました。(笑)

 

手術

酷い状態になっていた右の卵巣と卵管は、開腹手術で摘出する事になりました。

もっと早い段階なら、開腹せずにお腹に小さな穴を開けるだけで手術できたと思います(腹腔鏡手術)。

この点から言っても早めの受診を本当にお勧めします。

ちなみに、受診が遅いとなぜ開腹手術になるかと言うと、子宮内膜症が進行しすぎて周りの臓器まで互いに癒着してしまうからなんですね。

癒着が酷いと臓器同士を簡単に剥がす事ができなくなるため、熟練したお医者さんでも開腹して直接見ながら手術するしかありません。

更に、それほど病気が進行すると、他の場所(私の場合なら子宮や左の卵巣など)に異常がないかも確認する必要があるため、総合的に考えて、身体に一番負担のかからない最善の方法が開腹手術という訳です。

麻酔があるとは言え、開腹手術はやっぱりもの凄く痛かったですけどね。(・∀・;)

 

アドバイス

とにかく真面目に定期検診を受けて「要精密検査」という判定をされたら、絶対に放置しない事が大切だと思います。

どんな病気もそうですが、治療が早ければ早いほど、簡単に安く終わらせる事ができますからね。(・∀・) ←お前が言うのね

正直、今の日本の医療技術なら腹腔鏡手術でも全く問題ないと思います。

が、やっぱりお金がかかるのは痛いですよね…。

という事で、身体にもお金にも優しい早期治療をおススメします。


以上、子宮内膜症についてのお話でした。
皆さんもお身体をお大事に。(・∀・)ノ"